エアコン取り外しは難しい|定期的にクリーニングすることで安心して利用できます
作業員

定期的にクリーニングすることで安心して利用できます

エアコン取り外しは難しい

ウーマン

引越しや、古くなってしまった時などエアコンの取り外しが必要になることがあります。エアコンの取り外しは自分でもできる場合がありますが、専門知識が必要になります。エアコンの取り外しが必要になった時は、まず専門業者に問い合わせましょう。エアコンは、室内に付いている本体とは別に、外に取り付けられている室外機の取り外し作業もあります。ポンプダウン作業といい、室内のエアコンと配管パイプの中にあるガスを、室外機へと送り出すことで回収と封じ込めをする作業です。このポンプダウン作業を行わないでいると、フロンガスが外へと放出されて、取り外したエアコンが壊れてしまう場合があります。この作業を行わないと、場合によってガスの充填をする必要が出てきます。室外機も、ドライバーなどを使って取り外しをします。側面カバーを外し、配管の接続部分を取り外します。取り外しただけで終了ではありません。さらに冷房運転を行ないます。細かい配線などもあるので、間違えて切ってしまっては室外機を使用することはできなくなります。室外機はパッと見ただけではシンプルな構造になっていますが、側面カバーを外すと中はとても複雑な構造をしています。エアコンの取り外しには室内のエアコン本体とは別に、室外機の取り外しも必要になることを忘れてはいけません。それぞれ取り外したエアコンと、室外機本体は専門業者に取り外しを依頼することで、回収してもらうこともできます。自分で取り外しを行なうと処分も大変なので、やはり専門業者に依頼するのが確実で安心でしょう。